ENTERPRISE

エンタープライズ

Hexabaseは
エンタープライズ向けの機能が揃っています

ユーザーの役割ごとにツリー構造でアクセス権の設定が出来る、それぞれのステータスごとにアクションを紐づけが出来る、モバイルを含む独自のUI/UXが構築出来るなど、組織で使用する社内向け業務システムや、テナント管理が必須のサービスサイト・SaaSの構築など、スケーラブルなエンタープライズ向け機能を備えています。

内部統制における
『ITへの対応』を実現

内部統制を機能させるための要素として、ITツールへの対応は不可欠です
不正利用や人的ミスを防ぐため、アクセス権の制御やロールの設定を行うなど、必要な部分から小規模に導入でき、将来の拡張性を備えています。
Hexabaseのエンタープライズ向け機能は、内部統制の目的達成に必要な機能を備えながら、小さく始めても,システム全体に適用範囲を広げていけるスケーラブルな開発を実現します。

エンタープライズ

Hexabase
エンタープライズの特長

01

組織ツリーと権限管理

ユーザーをまとめる機能である「グループ」を利用すると、ユーザーの役割ごとにツリー構造でアクセス権限が設定可能です。
Hexabase では、ユーザー・グループの設定に従って、API の戻り値が自動的にフィルタされます。

組織ツリーと権限管理

02

ワークフロー
(ビジネスプロセス管理)

Hexabase を用いたシステム開発では、アイテムの状態(ステータス)と状態変化を起こすアクションを組み合わせることで、効率的かつ汎用的な画面設計が可能です。

ワークフロー

03

パッケージング

Hexabase のアプリケーションをバックアップ・復元できる、アプリケーションテンプレートを利用することで、特定のアプリケーション環境を一時保存したり、別のワークスペースに移行したりすることが可能です。
テンプレートとして保存出来るため、他のプロジェクトに再利用することが可能です。

その他の機能

独自のドメイン名を付与することができます

ソース元IPによる制限をかけることができます

Ready to
get started?

より速く構築し、
フロントエンド開発に集中する